千葉県の印象は東京とともに

皆さんは千葉県と言うとどのようなイメージというものを持っているでしょうか?千葉県は立地としては関東南部の房総半島に位置しており、ほぼ四方を海に囲まれているという存在であります。この立地上、やはり有名なのは海産物かとおもいきや、あまり千葉にたいして海産物が強いというイメージを持っている人というのは多くないのではないでしょうか。では有名なものは何かというと、落花生が思い浮かぶかも知れません。しかし、この落花生という名産品も南部のものであり、千葉北部というのはなかなかそのものを表す特徴というものを持っていないかのように思えます。というのも、仕方がないことであるといえるでしょう。千葉北部というのは、ほぼ東京の一部としてのイメージがかなり強くなっているためであります。千葉県内にありながら、東京という名前のついている施設というのは数多くあります。例えば日本最大のテーマパークもそうですし、日本最大の国際空港もそうです。いずれも東京という名前がついていながら、千葉県内にあるということであり、これらのイメージというのが東京に取られてしまっているために、千葉県そのもののイメージというのがそれほど強くない理由となっているのではないでしょうか。しかしながら、これは何も悪いことばかりではありません。千葉県北部というのは、東京による影響を大きくうけているために、他の関東他県に比べて多くの需要が存在している地域であるということが言えるためであります。東京東京都いわれたくないと思っているかもしれませんが、実際日本の経済や人口というのはその多くが東京に一極集中を起こしているために、これが中心として存在しているのはある種しかたがないことだといえるのではないでしょうか。さて、そんなこの千葉県の不動産についてかんがえてみましょう。不動産の状況というのも、やはりこの東京という大きな存在によって大きく左右されているということができます。千葉県北部はこの東京に対するベッドタウンとしての需要が非常に強いために、圏内においてもかなり多くの住宅を持っている地域だということができるのではないでしょうか。反対に南部については少々厳しく、需要としてはあまり強くない傾向にあるのではないかと思います。そこでここからは、そんな千葉県内の地方ごとにスポットライトをあて、それぞれの地域の特徴というものについて見ていきたいと思います。